Gadget & Product

節約 倹約 マイボトルを持とう!!CORKCICLE CANTEEN のご紹介!!


ジェシカ
これから暑くなるから毎日の飲料代も高くなるわ
ジェシカ。あなたマイボトル持っていないの?
サラ
ジェシカ
マイボトル欲しんだけど、なんか可愛いデザインだったりがないのよね。どうせ持つなら皆が持っていないの持ちたいもの
それなら私が使っているマイボトル紹介してあげるわ。私も友人から教えてもらったの。
サラ

【MAX500円OFFクーポン配布】コークシクル キャンティーン 470ml (corkcicle canteen 160z) ステンレス 水筒 タンブラー アウトドア ピクニック レジャー ビジネス オフィス 通勤 通学 誕生日プレゼント 結婚祝い ギフト おしゃれ

価格:3,240円
(2018/6/6 22:56時点)
感想(14件)

コークシクル キャンティーン
ステンレスボトル 470ml

毎日の飲料水はどうしていますか?

皆さん、毎日の外出先での飲み物はどうしていますか?

コンビニに行ったり、自動販売機で購入していませんか?

もしそういった生活をしているのなら、この記事を読んで毎日の出費について考え直して見てください。

今回はその第一段階として、このコークシクル キャンティーン ステンレスボトル 470mlについてシェアさせて頂きたいと思います。

トップの写真は、私が今も毎日使用している現物になります。

夏の時期は誰でも喉が乾きますよね。夏でなくても一年中通して言えることですが、我々は約2ℓの水分を毎日必要としています。体重によって変動します。

家にいる時はいつでも水道をひねれば綺麗な水を飲むことが出来ます。ですが外出先となると『水筒を持っていかないと』喉が乾いた時に毎回購入することになります。

パッと思いつくのが

・コンビニエンスストア

・自動販売機

・スーパーマーケット

・ディスカウントストア

上記のどれをとっても本当に便利ですよね。

ですがよく考えて見てください。外出先で「あー喉が乾いたな」と思った時にスーパーマーケットやディスカウントストアに入りますか?

職場の近所にある方なら利用される方もいるかもしれませんが、わざわざ1本の水やお茶を買う為に行かないですよね。たまたま目の前にあった時なら別ですが、殆どの方がコンビニ・自動販売機を利用すると思います。

しかし.....

コンビニ・自動販売機の商品はどの商品を見ても高いんです!

1本の水にしても中身の原価は約10円。そしてそこにペットボトル代金が約20円程。そこに工場設備や物流費が加わります。

それらを全て合算しても50円程にしかならないんです。

それが店頭や自動販売機では100円以上で売られています。ジュースなどの場合150円もしますよね。

これを毎日仮に1本購入したと仮定すれば

110円の水の場合
・110円×31日=3,410円

夏のシーズンなら
・110円×2本×31日=6,820円

150円ジュースの場合
・150円×31日=4,650円

夏シーズンに150円のジュース1本と、110円の水1本購入した場合
・4,650円+3,410円=8,060円

これだけの費用が掛かります。

これが年間であれば10万円弱にもランニングコストがかかってしまうんです。

これだけのお金があれば海外旅行にも行けますし、貯金だって出来ます。それよりも、このお金を自己投資(書籍購入・オンライン英会話・投資)に回せば、この何倍もの利益となって将来あなたのもとに戻ってきます。

これを読んであなたはまだ無駄遣いをしますか?

ネイティブのように聞ける・話せる。話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

もし倹約に努めて自己投資に回したいのなら、明日から早速マイボトルを持参しませんか。

コークシクル キャンティーン ステンレスボトル 470mlとは?

コーククシクルは、アメリカフロリダで大人気商品となっているマイボトルシリーズです。

今回はこの記事ではキャティーンだけをご紹介させて頂きますが、様々なラインアップを持っています。

その中で、私が1年以上使用しているキャンティーンについてレビューさせて頂きます。

このキャンティーンには270ml・470ml・750mlのサイズがあります。デザインカラーも豊富で、レッドピンクブルーといった様々なカラーバリエーションを揃えています。

私が使用しているキャティーン

470ml ステンレスタイプ(カラー無し)

を使用しています。

何故、カッコいいカラータイプのモノにしないのかというと、それはズバリ塗装がハゲてくるからなんです。

それがこのステンレスのカラー無しタイプであれば、全くの色落ちはありません。

470mlのメリット

全てのキャンティーンにいえることは、保温時間は約12時間。保冷に関しては25時間です。

真冬場の朝に熱湯のコーヒーやお茶を入れた場合、夕方になっても湯気が立ち昇る程、熱々のままです。
※熱湯をいれても本体は熱くなりませんが、飲み口は若干薄いので熱くなります。

真夏の場合は、製氷機の氷が入る程の飲み口の大きさがあるので氷もいれることができます。氷をいれればいつまでも冷たいままです。

470mlの良いところは、500mlペットボトルより少し背が高い大きさなので、ビジネスバックやトートバックにもいれることがで出来ます。

勿論、車のカップホルダーにも入る大きさです。

これが270mlだと量が少なくすぐになくってしまいます。逆に750mlであれば背丈がワインと殆ど同じ大きさになる為、日常の持ち運びには適しません。

ちょうど、470mlがベストのサイズになります。

そして、しっかり閉まる為こぼれることはありません。ボトルの底にも滑り止めのゴムパッキンが付いている為、デスク上で滑ることもありません。

 ゴムパッキン

 キャップ

何より目立つ!!

デザインがスタイリッシュなのでとにかく目立ちます。

今まで持っている人を見かけたことがありません。その為、これを人前で出した時は必ず「うわー。かっこいいね!どこで買ったの?高そう。」と良くいわれます。

私は、このキャンティーンとタンブラーをいつも使っているので、余計に目立ちます。

デメリットは?

勿論デメリットはあります。

  • 落とすと傷がつく
  • 空になっても重たい

このデメリットをどうとるかですが、

私の場合は、毎日の無駄なコストを考えれば許容できる範囲です。

結論

マイボトルを持って倹約に努めて、そのお金を自己投資に使おう。



価格:3,240円
(2018/6/6 22:56時点)
感想(14件)

スポンサー

スポンサーリンク

-Gadget & Product
-, , ,

© 2020 The Butterfly Effect Powered by AFFINGER5