子供向けオンライン英会話一覧

子供が英語を話せるようになる為に親がすべきことは何?将来の為に今から準備しよう!


こんな方におすすめ

  • 子供のオンライン英会話スクールを探している方。
  • 子供に英会話を習せた方がいいのか悩んでいる方。
俊坊

この記事では、あなたのお子さんが何故英会話を学習した方がいいのか私なりの見解を述べたいと思います。最近では子供の英会話の需要が急速に高まっていますよね。しかし親は英会話の必要性を感じてはいても、実際はその殆どが学校任せのスタイルになっています。しかしこれで話せるようになることはないに等しいです。

英会話が話せるようになるのかは、子供の時の環境が重要。

英会話は、大人になればなるほど取得率が落ちていきます。もしあなたがお子さんに、将来英語を使って活躍してほしい。日本目線だけでなくグローバルな視点を持った人間に成長して欲しい。と望むのなら、確実に子供のうちから英語環境の中においておく必要があります。何故なら子供の脳はスポンジのように柔らかく、なんでも吸収出来るからです。

大人になってからでもしっかり学習すれば英語を話せるようにはなりますが、子供のそれに比べると吸収率や成長速度はかなり落ちてしまいます。特に発音は子供の時から『英語を聴いて、話す』ことをした方が圧倒的にネイティブに近い発音を使いこなせるようになります。

スポンサーリンク

日本の英語教育では話せるようにはならない。

あなたは学校の英語教育で英語が話せるようになりましたか?実は多くの日本人は話せるようになりません。私もその中の一人でした。ですが日本では、英語をかなり早い段階から教育システムに組み入れられているんですよ。仮に小学生〜高校生までと仮定した場合、約12年間も英語を学んでいることになります。しかしこれだけ英語の授業を受けていても話せないんです。不思議ですよね。

それもそのはず、日本の英語教育は『文法に特化した学習法』だったからですね。結果、日本人は読むことや書くことは出来ても、聴くことや話すことは出来ない英語を習得してしまいました。しかし大学にいけば人によっては英米学科や外国語大学に進学する人もいるので、そこで真面目に『話すこと』にフォーカスを置いた人は日本にいても話せるようになります。

しかし話せる環境にいても話すことを恥ずかしいと考えて話してこなかった人は、結局『話せる英語』を使えるようになりません。この現状からも分かる通り、英語を話せるようになるのはほんの一握りだということになります。

スポンサーリンク

日本以外の国では話せる人ばかり。

英語を学習している国は日本だけでしょうか?実は世界中には英語を母国語としない国の方が圧倒的に多いんです。英語を母国語としない国が多いのに、その殆どの国は日本と違い、どうしてか英語を話せる人たちなんです。何故彼らは日本人のように『話せる英語や使える英語』を習得出来ているのでしょうか?それはやはり教育システムの違いと経済の強さからきています。

英語を使って英語を教える授業が当たり前。

例えばヨーロッパやフィリピンの教育の現場では『英語を話す教育』が一般的です。日本のように『文法中心』の授業スタイルではないんですね。そして英語の授業の時は『一切母国語禁止』のルールが徹底されているケースが殆どです。

なので、英語の授業が始まれば必然的に英語しか使えなくなるので、教師に質問したり、友人と話す時も英語を使うしかありません。それにネイティブ講師が学校に在籍していて、ネイティブ講師と常にふれあえる環境にあるのも大きな違いです。

そして彼らは英語を使って英語を学習するだけでなく、英語を使って数学や歴史を勉強するといった授業も実施されています。

英語を話せないと将来が大変だから。

日本に住んでいれば正直英語が話せなくても何不自由なく生活ができます。これはご存知の通り日本が経済大国だからです。日本にいれば食べ物に困ることもないですし、お金を稼ぐ仕事も職種を選ばなければ簡単に見つけることができます。しかし世界中の多くの国が日本と同様の環境だといえるでしょうか?

世界中の多くの国はまだまだ先進国入りしていない国が殆どです。国によっては政治が安定していないことで、大学を卒業しても就職先を見つけることが困難な国もあります。これが何を意味しているのかというと、『母国で生活をしても将来に未来がない』ことを意味します。

母国にいても政治が安定していないことで、中々経済が安定しない。その為、母国にいても自分のしたい仕事ができなかったり、そもそも生活をする為の仕事ですら見つけることが困難なんです。そうなるとどうする必要があるのかというと『世界共通語である英語を使って、違う国に移る』必要性がでてくるんですね。母国にいても将来が見込めないのであれば、いっそうのこと他の国へ移住してしまって仕事を見つける方が将来を見込めるわけなんですね。

スポンサーリンク

だから海外では小さなうちから英語教育に力を入れている。

日本以外の他の国ではこのような事情から、子供には将来に困らないように『話せる英語・使える英語』にフォーカスをあてた教育カリキュラムを提供しています。勿論、小さな子供たちにとってもそれが当たり前の環境であると同時に、成長をする中で他の科目を通じて母国が世界の中でどのレベルに位置しているのかも気がついていくわけです。

そうすると『きちんと英語を話せないと将来が危ないぞ』と意識し出すので、生きる為にしっかり英語を学ぶことになります。これが日本人と他の外国人との大きな違いです。日本にいれば生活も仕事にも困ることはないので、仮に英語ができなくても死活問題になりません。これが結果として『英語の必要性』が薄れてしまい、英語が話せない日本人になってしまっているんです。

スポンサーリンク

これからの子供達には戦う英語が必要になる。

あなたは日本に住んでいればこれからも『何不自由なく生活は保証されている』と思えるでしょうか?恐らくまだ10年先とかであればそれは保証されているかもしれません。しかし何れ英語が話せないことが障害となり、それが原因で就きたい仕事に就けなかったり、昇進にも影響を及ぼしてきます。

何故ならこれから今以上にグローバル化が加速していくので、海外から優秀な人材がどんどん日本へ流入してきます。そうなるとその外国人は母国語と英語が話せ、更に日本で働くので『既に日本語も話せる、若しくは日本語も話せるようになる』人物になります。

そうなると余程他の人より優れた才能をもった日本人でないと、これら優秀な外国人に負けてしまいます。これからの子供達は英語を日本語のように話すのと同じように話せるようにならないと、将来の視野がかなり狭まってしまいます。しかし英語が話せるようになれば、これら外国人達と戦える最低基準に立てるので活躍できる可能性はグンとあがります。

スポンサーリンク

日本は天災が多い国だということも理解しておく。

それに日本は天災が凄まじく多い国ですよね。以前であれば地震がもっとも怖い災害でしたが、今では必ずしもそうとは限りません。地震による放射能問題も山積みですし、それ以外にも温暖化現象による異常な豪雨による災害も後を絶ちません。それに北朝鮮問題など、いつミサイルの被害にあうのかもわかりません。

これらの地政学的問題は全て『絶対に大丈夫』とは言い切れない状態になっています。このことからもわかるように、日本にいれば生活面や仕事では安心かもしれないが、いつ天災で被害を受けてしまうのかわからない危険性も含んでいます。

万が一天災が起き日本での生活が困難な状態になっても、英語が話せれば海外へ移住してその危険な状況から脱出する選択肢も選べます。そしてまた安全な状況になれば再び戻ってくることも可能です。

問題が起きてもそれは自己責任になる。早くから英語を勉強しよう。

優秀な外国人労働者が日本の社会に流入して多くの仕事を奪っていったとしても、万が一天災が起きてしまったとしても、これらの問題は他人や自然の責任ではなく『そこに居続けることを選んだ』本人の問題になりますよね。これからは今まで以上に自己責任が重くのしかかってくる時代に突入します。

『仕事がないのは外国人労働者の責任だ!天災の責任だ!』とはいってられなくなります。早い段階から自分で自由に動けるようなスキルを用意しておかなければ大変なことになります。その為にも世界共通語である英語だけは、使いこなせるように準備しておく必要があると私は考えています。

この英語が使いこなせるようになっただけで人生安泰なのかというとそうではないですが、英語が使えない限りこれからの時代を生き抜いていくことは難しくなります。あなたはそれでよかったとしてもあなたのお子さんには無限の可能性があります。お子さんのたった一度きりの人生、しっかり充実した生活をおくる為にも早い段階から英語学習に取り組むことをおすすめします。

英語学習は学校だけでは不十分!学校任せにするとそれは親の責任!

先ほどもお伝えした通り、日本の英語教育システムはまだまだ不十分です。仮に少しずつでも整ってきたとしても、日本が経済大国である以上、その必要性を子供達が感じとれるのかは難しいと言えます。

英語は同じ目的意識を持った人間達の中で勉強しないと成長しません。学校の教育システムが改善されても、お子さんの周りの友人達が英語学習に真剣でなかったり、英語の授業で日本語を話しまくるような環境に身を置いていれば、いつまで経っても使える英語を習得できなくなります。

英語習得を国や学校に任せきりにしてしまい、結局話せないのであれば、それは先ほどお伝えした通り『自己責任』になります。そうならない為にも、お父さんお母さん達は我が子の為に『学校以外の学びの場』を用意してあげる必要性があります。

まとめ。先ずはオンライン英会話を利用してみましょう。

私は、英語を学ぶのは英会話教室に行って学習するのが一番おすすめだと思っています。特にネイティブ講師から受ける授業は長期的にみれば様々なメリットを生み出してくれます。ただ、通学型のレッスンはコストも高いので、中々手が出せないかもしれません。

ではそこで諦めてしまうのかというとそうではなく、オンライン英会話を使っていきましょう。オンライン英会話ならコストは通学型に比べて安いですし、自宅にいても外にいてもデバイスがあればレッスンを受けることができます。オンライン英会話スクールにもよりますが、ネイティブ講師ではないスクールを選べばかなり格安で毎日学習することも可能です。

もしあなたが自分のお子さんの為に月1万円程投資してあげられるのなら、その投資は何れ莫大な金額となってお子さんへ返ってきます。もしお子さんだけでなくあなたも学習したいのであれば、今からでも遅くはありません。ぜひ私と一緒に英語を勉強していきましょう!

私があなたにおすすめのオンライン英会話スクールをご紹介するので、一度体験レッスンを受けてみては如何でしょうか?

[PR]全国1300教室の子ども英会話教室

関連記事英語教育はいつから?子供向けのオンライン英会話比較!英語のプロがおすすめする効果のあるスクールはこちら!

続きを見る

スポンサー

スポンサーリンク

-子供向けオンライン英会話一覧
-

© 2020 The Butterfly Effect Powered by AFFINGER5