DMM英会話

DMM英会話 お気に入りの講師が突然消えた!?これの真相はいかに!


こんな方におすすめ

  • お気に入り講師が突然お気に入り欄から消えた
  • 以前見かけた講師を予約しようとしたら、プロフィール欄から消えていた

DMM英会話に限らず、他のオンライン英会話でも起こるのがこの現象。

あなたのお気に入りの講師が突然いなくなると焦りますよね。前回の記事もこれに関係する内容の一つのシェアさせて頂きました。

前回の記事はこちら

これとは別に、他にも突然いなくなってしまう原因が実はあるんです。では、それを掘り下げていきたいと思います。

スポンサーリンク

その理由は2週間ルール。

1ヶ月間、2,100円で受験し放題のオンラインTOEIC模試。

この2週間ルールを既にご存知の方もいると思います。この2週間ルールとは講師側からすれば一種のペナルティーのようなものです。ですが、雇っている側(DMM英会話)からすれば高品質なサービスをお客様に提供するためには必要不可欠な内容となります。

前回の記事でもお話ししましたが、DMM英会話は他のオンライン英会話に比べると講師側の規則は比較的厳しい基準を設けています。

この2週間ルールとは一体何なのか。

2週間ルール

"2週間のうちに1度もレッスンを行わなかった場合、原則プロフィール欄から削除される"

このような内容になります。

この2週間ルールがあるので、講師達は働きたくなくても、最低でも『オンライン英会話スクールに、籍を残して置く為に』2週間以内にレッスンをすることになります。

そういった意味では非常によく考えられた仕組みだと私は思っています。

これを作らなければ講師達の好き勝手になってしまい、このオンライン英会話の仕組みは崩壊してしまうでしょう。※講師の在籍は多いが、殆ど働いていない幽霊部員のような状態です。

スポンサーリンク

プロフィールから消えたら即解雇?

オンライン・インターナショナルスクールGlobal Step Academy

プロフィール欄から消えてしまうので、解雇のように思われるかもしれません。しかし2週間ルールでプロフィールが消えた場合に限り、即解雇にはなりません。ではどうなるのかというと。

2週間を過ぎた場合、ティーチャーサポートセンターへ連絡しなければならなくなります。そして講師達にとっては面倒ですが、再度簡単な講習を受ける必要があります。何故ならば2週間以上空いてしまった場合、仕事の感覚を忘れてしまうからです。

その時に提供するサービスやルールを忘れていないか確認しています。あなたはどうでしょうか。2週間仕事や学校がなかったら、今までやっていた作業や勉強等忘れてしましませんか?作業内容にもよりますが、それらの感覚を取り戻すのに最低でも1日。場合によっては数日必要になるケースはないでしょうか。

講師達にとっては面倒な講習ですが、私達に良いレッスンを提供する為には必要なことだと思います。それが結果として、なるべく以前と変わらない品質のサービスを、生徒へ提供することが可能となっています。

スポンサーリンク

だから2週間前に戻る講師が多い?

>>【公式】レアジョブ英会話の無料体験レッスンはこちら。

講師側からすれば『めんどくさいシステム』になります。しかし前回の記事でも述べましたが、多くの講師は他の企業と掛け持ちの為、万が一のことも備えて保険として籍は残して置きたいのが本音です。

その結果、2週間ルールが発動される直前にレッスンを開ける講師が沢山います。その時、数レッスンも開ける場合もあれば、たった一コマだけの開ける場合もあります。たとえ一コマであってもこのルール内にレッスンを行えば、さらに2週間猶予が与えられるからです。

講師からしても、再度サポートセンターで講習をうけるのは出来るだけ避けたいの本音です。

スポンサーリンク

お気に入りの講師が消えても焦らない事が肝心。

【30日間全額返金】2ヵ月でTOEICスコアを劇的に変える!

あなたのお気に入りの講師が突然プロフィール欄が消えた場合、当然焦ると思います。
自分の英語学習に直結しますからね。ですが、その時は焦らずにこの2週間ルールを思い出して下さい。

あなたのお気に入りの講師は、最後に働いた日から2週間後にまたクラスを開けるかもしれません。あなたが、その講師の最後に働いた日の目星がつけられたら、自ずと2週間となる日の目星がつくはずです。

そこを狙って予約してみて下さい。

但し

籍を残す為だけの講師も多いです。そういった講師は、以前によく働いていた時間帯にレッスンを開けるのではなく『夜中や朝方』等、不規則に開けるパターンが多いです。何故なら、以前の時間帯のレギュラースチューデントを狙っているわけではなく、生徒は誰でも良いからです。

要するに籍を残す為だけのレッスンだからです。

1ヶ月以上過ぎた場合は解雇?

もしあなたのお気に入りの講師が1ヶ月以上働いていない場合一体どうなるのか。その場合も、解雇というわけではありません。プロフィール欄から消えているので表面上はもういないように感じますが、それはあくまでそれは表面上だけです。

その講師が再度『講習』を受ければまた復活します。

スポンサーリンク

お気に入りチェックはしておこう。

ワンクリックで世界中のネイティブ講師と繋がれる!
【オンライン英会話のCambly(キャンブリー)】をご入力下さい。

あなたが『お気に入り』にチェックした状態で突然その講師が消えた場合、そのチェックは生きています。一度プロフィール欄から消えても、その講師がプロフィール欄に再掲載された時点で、自動的にあなたのお気に入りリストにも戻ってきます。

ポイント

2週間ルールを理解して、焦らず気長にまってみよう。

スポンサーリンク

講師達は休暇申請ができるようになった!!

>>【公式】オンライン英会話vipabcの無料体験レッスン

日本と違い海外では、夏の時期にバケーション旅行にいくのが主流です。以前までDMM英会話の講師達は、この2週間ルールが適用される前にバケーションから戻ってくるというのが当たり前でした。

ですが、最近はこの現象が大きく変わりました。何が変わったかというと、事前にティーチャーサポートセンターへ『休む連絡』をしておけば、それが例え何ヶ月も働かない長期間であってもプロフィール欄から削除されないということです。※2週間ルール適用外

元々この2週間ルールは、海外の人間には馴染めない規則でした。これが原因でDMM英会話を辞めていったという講師も沢山います。特にヨーロッパ圏の人間は、仕事よりも自分のプライベートの時間を大切にする習慣で育っています。

その為、こういった規則は人材流失の大きな要因となります。このことから、事前に連絡すれば籍は残しておける状態が作られるようになりました。

2週間ルールはあまりあてに出来ない。

このように

2習慣ルールがしっかり適用されていた時は、消えた講師が復活するタイミングを予測することは出来たのですが、最近ではこの長期間ルールが適用されてからは予測しずらくなりました。

ですが、講師達の労働環境が少しでも改善されたのでこれはこれで良いことではないかと思います。

サラ
良い環境でないと、しっかり英語を教えてもらえないからね。

講師によっては、長期ルールの存在を知らずに今だに2週間ルールで働いている人もいます。なので、お気に入りの講師が消えた場合や、最近働かないな?と思った時は、先ずこの2週間ルールを照らし合わせてみれば良いかと思います。

そして2週間を過ぎても働かない場合は、長期ルールをとっている可能性があるということです。この場合はいつ復活するかわからないので、日々スケジュールを確認するしかありません。

気長にいきましょう!!

<<【カランメソッド正式認定校】教師の質で選ぶならQQ Englishのオンライン英会話はこちら

スポンサー

スポンサーリンク

-DMM英会話
-,

© 2020 The Butterfly Effect Powered by AFFINGER5